はじめての方へ

このような症状にご注意ください

宮田動物病院について、院長の宮田容太先生に聞いてみました。

猫のよくある病気を教えて下さい。

口腔内、腎泌尿器、皮膚のトラブルが多いですね。

猫で注意した方がいい症状を教えて下さい。

猫の良くある症状
  • 食べない、吐く。
  • おしっこが出ないあるいは出にくい、
  • トイレに頻繁に行く。

等があげられます。
特におしっこが出ない場合は急激に症状が悪化してしまいます。これら以外でも「何かおかしいな」と感じた時はかかりつけの動物病院に相談することをお勧めします。

犬のよくある病気を教えて下さい。

心臓や呼吸器、皮膚、消化器、運動器のトラブルがありますね。

犬の注意した方がいい症状を教えて下さい。

犬のよくある症状
  • 元気がなくぐったりしている。
  • 嘔吐や下痢が止まらない。
  • 急に立てなくなった

等の症状ですね。
これらの症状が見られた場合は早めにかかりつけの病院に連絡してください。これまであげた症状以外でも「何かおかしいな」と感じたときはかかりつけの病院に相談することをお勧めします。

また日頃気をつけた方がいいことは?

犬猫問わず一番多いのは元気がない。ごはんを食べない。が多いですね。
たいていは大事には至らないのですが、これらの症状は原因が多く中には深刻なケースもあります。
くどいようですが「何かおかしいな」と感じたときはかかりつけの病院に相談することを強くお勧めします。
あと歯に問題のある子が多いですね。
人間の場合でもそうですが放っておくと思わぬところで大変な目にあいます。定期的なチェックやケアをするようにしましょう。

診療について

診療を受けるのに予約は必要ですか?

予約は必要ありません。

診察時間内でしたらいつでも大丈夫です。
診察時間を過ぎるようでしたら事前に連絡をお願いします。
但し、避妊去勢手術は事前の予約が必要です。

治療までのおおまかな流れを教えて下さい。

自分たちが病院にかかるのと変わりません。

自分たちが病院にかかるのと変わりません。

初めていらっしゃる飼い主さまには診察の前にカルテに必要事項を記入していただきます。

それが済み次第問診に入ります。

それから簡単な身体検査を行い、治療計画または血液検査などの追加検査を検討します。

猫の避妊・去勢手術について具体的な流れを教えてください。

猫の場合は、あらかじめお電話でご予約をいただき、ご来院日に手術を行います。
基本的に、その日のうちにお帰りいただけます。
雌猫は、約10日後に、抜糸のためにご来院いただきます。
地域猫の場合は、抜糸の必要のない手術を行うことができます。

当院について

治療の際気を付けていることを教えて下さい。

飼い主さんと動物をよく見ることですね。

飼い主さまと動物をよく見ることですね。

教科書では同じ診断でも実際の治療となると個々で内容は変わってきます。
その子にあった治療の選択肢を一つでも多く提供できるよう心がけています。

宮田動物病院の特徴を教えて下さい。

狭く、スタッフも少数ですが、その分飼い主さまとの距離は近いと思います。
飼い主さまやペットにとって最適な治療を心がけています。

最後に今後のご展望について教えて下さい。

いつでも安心できる、町の動物病院でありたいと思います。

pagetop